タナベ刺繍

0879-25-5108

上記電話番号をタップすると発信します。

受付時間 9:30~18:00

閉じる

HOME > BLOG > 《タナベ刺繍通信Vol.10 2019.5.18》

《タナベ刺繍通信Vol.10 2019.5.18》

 

 

いつもありがとうございます。

タナベ刺繍通信担当の浜田です。

 


怒涛の展示会直前ウィークが終わりました。

 

 

5週前には大風呂敷を広げまくって、2週前あたりから広げ過ぎた風呂敷を少しずつ畳んで行き、結局はいつもと同じくらいの風呂敷に納まりました!

 

 

11月開催のジャパンクリエーションは秋冬企画なので、刺繍を盛れるだけ盛って、スパンコールも盛って、盛るところが無くなったら垂らしてみたりと制限無くやってました。

 

 

しかし、春夏企画はそういうわけにはいかず結構苦戦しました。

 

 

軽くて、薄くて、柔らかいを基本にして、色の変化や遠近感のあるデザイン・・・よし、JC企画の真逆の発想でいこう!

 

 

スパンコールの上に薄い生地を乗せて透け感をプラス、さらにグラデーションに見えるように生地を何種類か重ねて、刺繍は立体にして遠近感を出して・・・あれ?

 

 

盛ってしまってる!刺繍屋の習性と言うべきか、タナベ刺繍だけの悪い癖なのか・・・

 

 


展示のメインテーマは「夏の休日」ですが、サブテーマと言うか、裏テーマみたいなものが今回はあります。

 

 

それは「温故知新」

 

 

今までの経験や知識を大切にして新しいことに活かすという意味の言葉です。

 

 

「初めて見る令和刺繍も斬新でいいけど、平成刺繍もまだまだいい仕事するよね。」というコンセプトで、平成のファッションシーンを彩った数々の刺繍サンプルも展示することにしました。

 

 

「あ~結局、展示スペースを埋めるほどの新作が出来んかったね。ちょっと古いのも並べて見映えだけでも良くしとこか。」的な発想では決してありませんので・・・

 

 

なにはともあれ今回の展示会も「盛り沢山」ということで。

 

 

21~22日は東京国際フォーラムにてみなさまのご来場を心よりお待ちしております。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2020年春夏おとな向け刺繍 ~ケープタウンで過ごす夏の休日っぽい刺繍~

 

  

 

 

マリン、ボタニカル、エスニック…。

 

2020年春夏にぴったりな刺繍を作るために、タナベ刺繍ではテーマを掲げて新作を考えてきました。

 

これまで刺繍研究室を通してお伝えしてきたのは、刺繍テクニックがぎっしり詰まったトロピカルな植物柄やエスニック風なマリン柄、透け感=シアー感にこだわったチョウ柄やマリン柄です。

 

 

今回は、キラキラ素材=スパンコールを上手に使った、マリン柄とエスニック風柄をご紹介したいと思います。

 

続きはWEBサイトをご覧ください。

https://www.e-tanabe.net/blog/index.php?e=308

 

 

5週連続お付き合いいただきましてありがとうございました。

 

また次回をお楽しみに!

 

 

アパレル関連の装飾・二次加工に関する問い合わせ・ご相談は、お電話またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
アパレル関連の装飾・二次加工に関する問い合わせ・ご相談は、お電話またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
0879-25-5108 受付時間9:30~18:00(平日)
お問い合わせフォームはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ戻る