• HOME
  • マスク
  • マスクをつけていてもランニングできる!蒸れないスポーツ用マスクの選び方

2021.07.26

マスクをつけていてもランニングできる!蒸れないスポーツ用マスクの選び方

不織布マスクをつけてランニングやジョギングすると汗で顔にマスクがついて息がしにくく、汗が気持ち悪く感じますね。

こちらではマスクをつけていてもストレスフリーでスポーツを楽しめる通気性の良い吸汗・速乾繊維を使ったマスクをご紹介します。

利用者からは息がしやすい、顔に張りつかないとのコメントをいただいております。

 

スポーツ用マスクで蒸れないおすすめ布素材

運動をしていて一番ストレスを感じるのは、息苦しさと蒸れることです。

スポーツ用マスクでは通気性の良い吸汗・速乾機能を備えた素材を選ぶことをおすすめします。

吸汗・速乾繊維とは

マスクの多層構造で生じる毛細管現象という働きにより、マスク内側の湿度が表面に向かって素早く連続移動され、拡散・乾燥する仕組みのことです。この機能を備えてるマスクは太さの異なる糸を2層3層に組み合わせた多層構造をしています。外面が密で内面が粗い構造になっており、皮膚との接触面積をおさえられています。そのため呼吸や汗で生じた湿気による不快なべとつきを感じることなく、さらっとした快適な着用感を得られるのが特徴です。

 

スポーツ向きのマスクの形

スポーツ用マスクを選ぶ上で、どのような点に気を付けると良いでしょうか。ストレスフリーなマスクやスポーティなデザインが、よりスポーツを楽しめるでしょう。こちらでは簡単に4つのポイントをあげています。

 

①呼吸しやすい形

口元に空気の隙間ができやすい形状で、より呼吸のしやすさを重視する場合は立体タイプがおすすめです。

②顔に貼りつきにくい形

肌との接地面積を少なくすることで、汗による顔への貼りつきを抑えられるのは立体タイプがおすすめです。

③耳が痛くならない紐

硬いゴム紐や伸縮が強すぎるゴム紐は肌荒れや頭痛の原因となります。また柔らか過ぎたりゆる過ぎたりするゴム紐は、マスクのズレが頻繁におこります。適度に柔らかく、伸縮性のあるゴム紐をおすすめです。

④ウエアに合ったカラーバリエーション

カラーバリエーションが豊富であれば手持ちのウエアにも合わせやすいです。マスクもコーディネイトの時代、よりスポーツが楽しくなります。

 

スポーツ用マスクを選ぶときの注意点

ストレスなくスポーツを楽しむために、ここではスポーツ用マスクを選ぶときの注意点を3つご紹介します。

①防臭効果

汗をかいてニオイが気になる方は、制菌加工をしたマスクをおすすめします。

よく似た加工に抗菌防臭加工がありますが、それはニオイの原因になる菌の増殖を抑制する加工です。それに対して制菌加工は、さらに有害な細菌の増殖も抑えるので、より衛生面に優れています。

②型崩れしない

何度も洗っても型崩れしないマスクは、長く使えるのでコストパフォーマンスが良いです。洗えるマスクでも、切りっぱなしの生地は洗うたびにヨレたり、ほつれたりしやすいですが、生地端をふちどったタイプのものは型崩れしにくいです。

③サイズ

スポーツを家族やカップルで一緒に楽しんだりする方は、サイズ展開が多いマスクをおすすめします。デザインが良くてもサイズが合わないとスポーツに集中できないですし、楽しめません。子供から大人まで、幅広いサイズを揃えているマスクを選びましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

スポーツ用マスクを選ぶときは、吸汗・速乾機能をそなえた通気性の良い素材で、汗のニオイをおさえる制菌加工をしたものがバッチリです。さらに長くストレスフリーに使えるように、調節可能で適度にやわらかいゴム紐と、型くずれしない形のものを選ぶと良いですね。

これら特徴を押さえた、カラーもサイズもバリエーション豊かなスポーツマスクに、”風を感じる”ドライマスク(風ドラ)がオススメです。

自分にあったマスクを探してスポーツをさらに楽しんでくださいね!

おすすめ記事

2021.10.22

サガラ刺繍ってどんな刺しゅう? 

2021.08.03

子供から大人に向けたおしゃれな布マスク

2021.07.26

マスクをつけていてもランニングできる!蒸れないスポーツ用マスクの選び方