HOME > 刺繍研究室 > ■刺繍テクニックの紹介

瀬戸内国際芸術祭2022の夏会期から、高松・直島のオフィシャルショップで販売されるようになった「うどん刺しゅう」。うどんさながらのリアルな太さの刺しゅう糸が、Tシャツやデニムエコバッグから垂れ下がっています。本記事では、うどん刺しゅうに込められた作成秘話をまとめました。うどん刺しゅうの命は、何と言って...
皆さま、こんにちは!刺繍研究室の研究課題の一つとして『ロゴの表現方法』があります。ロゴは社名や商品名などを独自のフォントやバランスでデザインされたもので、看板や商品パッケージ、洋服や家電など私たちの身の回りのあらゆるものに表記されています。ではどんなロゴであれば良いのでしょう?それは『無駄な要素...
春夏の服によく使われる素材には、レーヨンやシフォン、麻やコットンなどがありますよね。肌触りが良いものや透け感があるもの、軽さや通気性、吸湿性に優れたものなどが挙げられます。PTJ(プレミアムテキスタイルジャパン)2020ssへの出展に向けて、タナベ刺繍ではその中でも透け感=シアー感に注目しました。軽い、柔...
皆さま、こんにちは。 刺繍の最もシンプルで美しい表現の1つに、基本的なステッチワークがあるのではないでしょうか。1本の線でも、刺繍にすると様々なステッチの種類があります。 今回の記事では、社内サンプルの中から多彩なステッチを使った繊細で美しい刺繍デザイン見本を10点ご紹介していきたいと思います。刺繍デ...
皆さま、こんにちは。突然ですが、この写真をよく見てください。ツイードの生地を四角く切ってランダムに並べたような感じがしますね。実はこれ、刺繍なんですよ〜((((;゚Д゚))))))) 立体刺繍を使って生地を再現するというミステリアスな加工、エンブロイダリー・オパール加工(刺繍オパール加工)。表現したい生地の織り...
12345...7>
▶ マスク関連情報
▶ Re shin
▼ 刺繍テクニックの紹介
▶ 最新おもしろ加工
▶ 資材と設備
▶ 展示会
お問い合わせ

ご質問・ご相談がございましたら、
お気軽にお電話か、
下のメールフォームにてお問い合わせください。

0879-25-5108

受付時間 9:30~18:00(土日祝を除く)

タナベ刺繍

0879-25-5108

上記電話番号をタップすると発信します。

受付時間 9:30~18:00

閉じる