HOME > 二次加工情報 > 手ハンドルミシンなどの、サガラ刺繍に使う機械をじっくり観察してみました。

手ハンドルミシンなどの、サガラ刺繍に使う機械をじっくり観察してみました。

「手ハンドル」と呼ばれるミシンはご存知ですか?

 

サガラ刺繍はシニールとも呼ばれ、チェーンステッチとパイル状のループステッチで柄を描く人気のテクニックです。今回は中の人のお気に入りである「手ハンドル」と呼ばれるサガラ刺繍用のミシンをじっくり観察してみました。

※手回しミシンではありません。

 

手ハンドルミシンとは、こんな感じのレトロでメカメカしいミシンです。(前カバーは外しています)

sagara01.jpg

これだけでは分かり辛いので、工業用の本縫いミシンと比較します。

 

 

sagara02.jpg

全体的なフォルムは同じように見えますが、細かく見ていくと手ハンドルとは全然違うことが分かります。

(上:本縫いミシン/下:手ハンドルミシン)

sagara04.jpg

ミシンメーカーは「TREASURE」

sagara13.jpg

 

 

 

 

それではアップで各部分を見てみます。

 

sagara03.jpg

テール部分。なんだか複雑です。

 

sagara07.jpg

テールとヘッドのジョイント部分。シャフトが2本あります。

 

sagara06.jpg

フロント部分。やけに複雑です。

 

sagara05.jpg

布押さえ部分。本縫いミシンとは作りが全然違います。

 

sagara10.jpg

今度は針板を外してみます。ちなみにネジ1本で外れました。

 

sagara11.jpg

どんな釜があるのかと思いきや、小さなカタツムリみたいな物がありました。

 

sagara23.jpg

ちなみに、本縫いミシンの釜はこんな感じ。写真は刺繍ミシンのものですが、釜の形状は同じです。

 

【刺繍機と縫製用ミシンの違い】

「本縫いミシン」と「刺繍ミシン」の違いは、本縫いミシンは生地同士を縫い合わせることが主な目的なのに対して、刺繍ミシンは縫うことによって柄を描くことが目的です。

 

なので、本縫いミシンは「送り」と呼ばれる部分で生地を同じ方向に送り続けるだけの単純な構造ですが、刺繍ミシンは「枠」と呼ばれる道具に生地をセットして、縫うと同時に枠が360度方向に動き回ることで柄を描く構造になっています。

 

【手ハンドルミシンとは】

縫製用ミシンには大きく「本縫い」と「環縫い」というジャンルがあり、目的によって使い分けます。

手ハンドルとは、環縫い(チェーンステッチ)というジャンルで、サガラ刺繍と呼ばれる刺繍をするための特殊なミシンのこと。本縫い刺繍機と同じく全方向に動く必要があるために、こんなに複雑な構造になっているのです。

 

また、ヘッド上部にボビンをセットして針棒の中にテープ等を通すと、コード刺繍もできちゃいます。

 

ミシンテーブルの真横から。手ハンドルという名前の所以が一目でわかります。

sagara08.jpg

どうやって柄を描くかというと、写真右下にある取っ手のような物を握り、縫いながらクルクル回すとあら不思議。ミシンヘッドの布押さえと針棒が一緒に回転するではあ~りませんか!

※手ハンドルは布押さえが生地送りの役目をするので、布押さえが回転すると縫う方向が変わり、自由に柄を描ける。

 

こうやってハンドルを「手」で回しながら縫うミシンなので、「手ハンドルミシン」という名称になっていたんですね。

 

sagara09.jpg

下から見たハンドル部分。

 

sagara12.jpg

釜(ルーパー)部分の裏側。糸が入っていくところですね。

 

 

ちなみに近年では、この「手ハンドルミシン」も自動化と高機能化、そして多色化と多頭化されていますので、ついでに刺繍工場の設備をご紹介。

 

sagara14.jpg

こんな感じです。針棒は手ハンドルの面影が残ります。メーカーはタジマ。

写真は、サガラ刺繍と本縫い刺繍(ジャガード刺繍)がミックスされた刺繍ミシンです。

 

sagara15.jpg

前カバーを外しました。

 

sagara16.jpg

ミシンヘッドの構造。手ハンドルとは違いますが、複雑さは同じですね。

 

sagara17.jpg

ミシンヘッドの上側。

 

sagara21.jpg

枠が動いて柄を描くので、布送りをするための布押さえは必要ありません。

 

sagara20.jpg

針板を外して、中を覗いてみます。

 

sagara22.jpg

釜(ルーパー)が沢山あって、これが移動して糸の色を変更します。形状も少し違いますね。

 

sagara18.jpg

手ハンドルもサガラ刺繍機も、ミシンの下に糸をセットします。

 

sagara19.jpg

釜(ルーパー)の裏側はこんな感じ。

 

いかがでしょうか?

サガラ刺繍の機械の歴史や構造がなんとなく分かってもらえましたか?

 

タナベ刺繍は機械刺繍がメインなので、最初から新しいサガラ刺繍機を導入していたのですが、機械の構造やサガラ刺繍を研究するために手ハンドルを置いています。

 

また、刺繍データを作る必要が無いので、ちょっとした試作やイメージ作りにも手ハンドルで相良刺繍を縫ったりします。チェーンとループの使い分けは手ハンドルでもできます。

 

しかし、なんといっても、あのレトロでメカメカしい雰囲気に惚れ込んでいることが、手ハンドルを置いている最大の理由かもしれません。

 

サガラ刺繍のテクニックについては二次加工情報をご覧下さい。

 

サガラ刺繍のサンプルはデザインギャラリーをご覧下さい。

アパレル関連の装飾・二次加工に関する問い合わせ・ご相談は、お電話またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
0879-25-5108 受付時間9:30~18:00(平日)
お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ戻る