タナベ刺繍

0879-25-5108

上記電話番号をタップすると発信します。

受付時間 9:30~18:00

閉じる

HOME > 刺繍研究室 > シークインとは

シークインとは

【スパンコールの由来】
日本では、写真のような光沢のある円形のフィルムを指し、スパンコール刺繍はそれを糸で縫いつける刺繍技法のひとつという認識だと思いますが、元来は光を反射させるために使用する服飾資材で、表面に光を反射する加工のされた布のことをスパンコールと呼ぶ場合もあるそうです。
語源としては「Spangle」(スパングル)が「スパンコール」に訛ったという説があり、日本では「スパンコール」の名称が主流になっています。
【シークインの由来】
現在、我々がスパンコールと認識しているものは、本来は「シークイン」という名称だとされており、欧米では「シークイン」が主流です。
古くは金貨を意味していたという説もあり、現在では穴の空いた金属やプラスチックの小片を指します。
【シークイン刺繍とは】
1986年(昭和61年)にスパンコールの自動取り付けが可能になった刺繍機がメーカーから発表され、その刺繍機の名称が「シークイン刺繍機」でした。
元々は刺繍業者間であってもスパンコールという名称が使われていましたが、その「シークイン刺繍機」の発表以降、刺繍業者間では機械刺繍によるスパンコール加工は「シークイン刺繍」と呼ばれるようになったのです。
また、現在もその名残で、手加工による取り付けの場合は刺繍業者であってもスパンコール刺繍と呼ぶことが多く、機械刺繍の場合は「シークイン」、手加工の場合は「スパンコール」と、ある意味「機械刺繍」と「手加工」を区別するための呼び分けにもなっています。

【スパンコール(Spangle)の由来】

日本では、写真のような光沢のある円形のフィルムを指し、スパンコール刺繍とはそれを糸で縫いつける刺繍技法のひとつという認識だと思いますが、元来は光を反射させるために使用する服飾資材を意味し、表面に光を反射する加工のされた布のことをスパンコールと呼ぶ場合もあるそうです。

語源としては「Spangle」(スパングル)が「スパンコール」に訛ったという説があり、日本では「スパンコール」の名称が主流になっています。

 

【シークイン(Sequin)の由来】

現在、日本で「スパンコール」と認識しているものは、正確には「シークイン」という名称だとされており、欧米では「シークイン」が主流です。

古くは金貨を意味していたという説もあり、現在では穴の空いた金属やプラスチックの小さな付属品を指します。

topimg1.jpg

お客様との商談の中で「シークイン」という日本では一般的でない名称を我々刺繍屋は使ってしまい、あわてて「スパンコール」と言い直すことがよくあります。

 

改めて「シークイン」というキーワードをネットで検索してみると、いくつか解説しているページはあるものの断片的な情報が多く、また、刺繍業者間特有の意味合いも含まれるので、改めて「スパンコール」と「シークイン」という名称について業界目線でまとめてみます。

 

【シークイン刺繍とは】

1986年(昭和61年)にスパンコールの自動取り付けが可能になった刺繍機がメーカーから発表され、その刺繍機の名称が「シークイン刺繍機」でした。

 

元々は刺繍業者間であってもスパンコールという名称が使われていましたが、その「シークイン刺繍機」の発表以降、刺繍業者間での機械刺繍によるスパンコール加工(画像2)は「シークイン刺繍」と呼ばれるようになりました。

 

また、現在もその名残で、手縫いによる取り付け(画像1)の場合は刺繍屋であってもスパンコール刺繍と呼ぶことが多く、機械刺繍の場合は「シークイン」、手縫いの場合は「スパンコール」と、ある意味「機械刺繍」と「手縫い」を区別するための呼び分けにもなっています。

 

【使用法(縫い方・取り付け方)】

大別して「手縫い」と「機械刺繍」での取り付け方に別れ、そのどちらにも長所と短所があります。

手縫いの場合その自由度がメリットで、レイアウトやビーズ等の組み合わせが楽しめて、正しい縫い方をすれば生地の伸縮を邪魔しません。デメリットとしては当然手作業なので時間が掛かりますし、間違った縫い方や手抜きをすると糸が切れたり抜けることでポロポロ取れてしまいます。

機械刺繍での取り付けは、手縫いの逆となり自由度は下がりますが正確に沢山縫い付ける場合に適しています。また、低い自由度をカバーする為に、機械刺繍の後に手縫いをプラスする手法も多いですね。

 

※あくまで多くの業界関係者での認識です。

※関係者であっても、職種や取り扱いアイテムによって認識に差異があります。

※スパンコールの注意点はこちら

 

スパンコール刺繍の解説スパンコール刺繍のサンプル画像2mmスパンコール

 

画像1:手縫いによるスパンコールとビーズの刺繍

spangle.jpg

 

 

画像2:機械刺繍によるスパンコール刺繍

sequin2.jpg

 

▶ マスク関連情報
▼ 刺繍テクニックの紹介
▶ 展示会
▶ 資材と設備
▶ 最新おもしろ加工
アパレル関連の装飾・二次加工に関する問い合わせ・ご相談は、お電話またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
アパレル関連の装飾・二次加工に関する問い合わせ・ご相談は、お電話またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
0879-25-5108 受付時間9:30~18:00(平日)
お問い合わせフォームはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ戻る