タナベ刺繍

0879-25-5108

上記電話番号をタップすると発信します。

受付時間 9:30~18:00

閉じる

HOME > 刺繍研究室 > スパンコール刺繍の注意点

スパンコール刺繍の注意点

【取扱い及び洗濯の注意表示】

1.着脱の際は引っ掛けによる糸の切断に注意してください。

2.選択の際はソフトネット等を使用してください。

3.装飾部分への直接のアイロン掛けやタンブル乾燥機の使用は避けてください。

※社団法人日本アパレル産業協会「ビーズ・スパンコールに対する注意表示ガイドライン」より

 

【材質への注意】

スチロール樹脂製や塩ビ製のものはドライクリーニングの溶剤で溶けたり硬化します。また、乾燥機によってコーティングが剥がれたり変形・変色する場合もあります。

 

【品質への注意】

メーカーでの洗濯試験を行った場合でも、品質の悪いスパンコールではロットによって表面の剥がれや色落ち・変色、変形や形状不良が発生する場合があります。

 

【たたみ方】

スパンコールフィルムはある程度の弾力がありますが、強く曲げると折れた状態になり元に戻りません。優しくたたみ、上から押さえたり叩いたりしないでください。

 

【接着タイプのスパンコール】

スパンコールは、例えば接着剤で接着したものであればドライクリーニングによって剥がれ落ちます。この為、スパンコールをあしらった衣服で水洗い不可の表示があったら、必ず販売員へ洗い方を聞いておきましょう。

また、乾燥機の熱によってコーティングが剥がれたり変形・変色したりなどする場合もあります。

接着タイプのスパンコールはドライクリーニングによって剥がれますので、必ずドライ不可の表示をしてください。また、乾燥機によってコーティングが剥がれたり変形・変色する場合もあります。

 

【引っ掛かりに対する考え方】

スパンコールは平らなフィルムなので、取り付け方や形状・大きさによって表面に引っ掛かりを感じる場合があります。ブランドによって基準が異なりますので、問題があるようであれば縫い方や形状を変更してください。

 

※洗濯表示については、各ブランド毎に品質の基準が異なりますので、ブランドの基準に沿った試験をお願いします。

※タナベ刺繍では高品質なポリエステルスパンコールを徹底したロット管理の下で使用しております。(一部を除きドライクリーニング対応・耐熱温度200度)

※ご不明な点や質問等ありましたら、是非お気軽にお問い合わせください。

 

▶ ジャパンクリエーション
▼ 資材と設備
▶ 刺繍テクニックの紹介
▶ 最新おもしろ加工
アパレル関連の装飾・二次加工に関する問い合わせ・ご相談は、お電話またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
アパレル関連の装飾・二次加工に関する問い合わせ・ご相談は、お電話またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
0879-25-5108 受付時間9:30~18:00(平日)
お問い合わせフォームはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ戻る