タナベ刺繍

0879-25-5108

上記電話番号をタップすると発信します。

受付時間 9:30~18:00

閉じる

HOME > 刺繍研究室 > 吸汗・速乾繊維の仕組みとは

吸汗・速乾繊維の仕組みとは

 

◆吸水速乾素材
太さの異なる糸を2層3層に組み合わせた多層構造の毛細管現象で、汗を多量に吸水、一方向に移動・拡散させ乾燥させます。
汗やムレによるべとつき、まとわりつきなどが解消され、常にサラッとさわやか。
また肌面は凹凸構造なので、優れた肌触りと着心地を実現しています。

◆吸水速乾繊維の仕組み

 

吸水速乾繊維は、太さの異なる糸を2層3層に組み合わせた多層構造をしています。”風を感じる”夏用ドライマスク(風ドラ)に使用している繊維は外面が密で内面が粗い構造になっており、皮膚との接触面積を抑えられています。

 

そして多層構造で生じる毛細管現象という働きにより、マスクの内側の湿度が表面に向かって素早く連続移動され、拡散・乾燥する仕組みになっています。そのため呼吸や汗で生じた湿気による不快なべとつきを感じることなく、さらっとした快適な着用感を得られるのが特徴です。暑い季節の普段使いとしてだけでなく、多種多様な運動シーンでも対応できる素材です。

 

 

 

▶ COCOA登録企業宣言
▶ Re shin
▼ マスク関連情報
▶ 刺繍テクニックの紹介
▶ 展示会
▶ 資材と設備
▶ 最新おもしろ加工
アパレル関連の装飾・二次加工に関する問い合わせ・ご相談は、お電話またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
アパレル関連の装飾・二次加工に関する問い合わせ・ご相談は、お電話またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
0879-25-5108 受付時間9:30~18:00(平日)
お問い合わせフォームはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ戻る