タナベ刺繍

0879-25-5108

上記電話番号をタップすると発信します。

受付時間 9:30~18:00

閉じる

HOME > 刺繍研究室 > 2020ssエスニック風刺繍

2020ssエスニック風刺繍

 

 

2020年春夏トレンドの一つであるエスニック。 


刺繍は糸と針という簡単な道具で行えることから、染色や模様織よりも歴史が古いと言われています。言わずもがな、世界各国の様々な民族が、それぞれの暮らしや社会の中で刺繍という文化を育んできました。その後の長い歴史の中で人の暮らしや価値観、社会の変化に合わせて技術や意味を変えながら、刺繍は今なお人々を魅了しています。

 


改めて「エスニック」というトレンドを今の刺繍屋さんの視点で見てみました。

 

 

刺繍自体がエスニックのイメージに近いと思う。よくある民族柄を縫っただけでは何の新しさもないね。あくまでエスニック・テイストを取り入れるというスタンスで、新しい刺繍技術を使った、新しい見え方がする刺繍を作ろう

 

 

ということで、今回の刺繍が生まれました。

まずはその全体像を、4つの配色を見比べながら見てみましょう。

 


 

 


◆ホワイト❶

 

 

 彩度が高い色を多く使った、明るく楽しい見栄えのする配色。

補色関係にあるオレンジ・グリーンを多めに使うことでメリハリが出て、元気なイメージを持たせます。淡い水色がバランスよく入ることで、夏の爽やかさが出て、全体の雰囲気に丸みが出ました。アクセントに濃い色を持ってきているのが面白みを出すポイントになっています。

 

 

キーワード:POP、ユーモア、ユニーク、ワクワク、明るい、カラフル、ライト

カラー:インディアンイエロー、ベビーブルー、グリーン、ウルトラマリンブルー、パイナップルイエロー、パープル

 

 

 

 

 

◆ホワイト❷

 

 

青系の同系色を使った、落ち着いた印象を与える配色。

スカイブルーやアイスグリーンといった淡い色を多く使い、小さな刺繍にウルトラマリンブルーやオリーブグリーンといった濃い色を持ってきています。爽やかでクール柔らかい印象を持たせるとともに、シックな大人らしい深みも出ています。 

 

 

キーワード:クール、爽やか、おとなしい、知的な、若い

カラー:スカイブルー、ウルトラマリンブルー、ライト・レモン、アイスグリーン、オリーブグリーン

 

 

◆グレー

 

 

グレーの生地に茶色系統の色を多く使った、大人な雰囲気の配色です。

全体的にまとまりがあり、落ち着いた、余裕のある雰囲気を感じさせます。

小さな刺繍の淡いイエローが軽やかさを、スパンコールのマットゴールドがリッチな印象を与えます。 

 

キーワード:大人、円熟した、落ち着いた、楽しみ、リッチ

カラー:コーヒーブラウン、ムーンストーングレー、ハニーイエロー、マットゴールド、シェルピンク

 

 

 

◆ネイビー

 

 

ネイビーの生地に、青紫を中心とするディープな色を多く使った、ミステリアスでマジカルな配色。濃淡の配色が闇に浮かび上がる星のようにも見え、大人な雰囲気の中に軽やかさ楽しさも感じさせる配色となっています。

 

 

キーワード:ミッドナイト、ギャラクシー、ミステリアス

カラー:ディープロイヤルブルー、ウルトラマリンブルー、パールホワイト、サンドベージュ、シトラスイエロー、オリーブグレイ

 

 

 

◎デザイン的な解説

あくまで「エスニック風」なのですが、実はこのデザイン、海辺のイメージが元になっています。というのもこの刺繍を企画した社員は、幼い頃によく地元の海辺で遊んだのだそうです。そこで見たり触れたりした海の自然のイメージが映されています。結果的に、デザインからしても今までに見たことがない感じ、自然や経験がイメージ源になったという、あたたかい人間的な感じ(=エスニック?)が出た刺繍です。

 

 

 

◎テクニック的な解説

10種近い刺繍テクニックをふんだんに使った、とてもユニークで表情豊かな作品です。直径5ミリほどの小さな丸い立体刺繍から、幅4センチ前後のアップリケまで、大小様々な刺繍を凝縮して配置しています。

 

 

◎使い道

 

衣服の襟ぐりや、胸部から腹部にかけての縦ラインなどに効果的に使うとよく映える刺繍です。


 

 

※こちらの刺繍は、PTJ(プレミアムテキスタイルジャパン)2020ss会場(詳しくはコチラ)にてご覧いただけます。

 

 

 

 

それでは各パーツを見ていきましょう。

 

 

 

〜目次〜


◎モチーフと縫い方


①ふじつぼ・しじみ・泡【立体刺繍・ラスター・スパンコール・グリッターステッチ】

②波紋・石【アップリケ・チェーンステッチ】

③マツバガイ【NEW?フリンジ変形版】

④二枚貝【NEW?ぼかしステッチ】

⑤泡・クラゲ【NEW?レース刺繍】

⑥砂・泡【ジャガード】


◎まとめ

①新しい刺繍を使って新しいエスニック風加工ができる

②データ配置・改良が柔軟


◎参照

①ボルダリング刺繍

②タイル刺繍

③色のにじみを活かした刺繍表現

 

 

 

 

◎モチーフと縫い方

 

 

①ふじつぼ・しじみ・泡【立体刺繍・ラスター・スパンコール・グリッターステッチ】

 

 

 

立体刺繍の見せ方は、以前に研究開発したボルダリング刺繍から着想を得ています。

 

※①ボルダリング刺繍の参考写真は本記事最後の参照をご覧ください。

 


(ふじつぼ・しじみ・泡拡大画像)

 

形を星型楕円、泡やドーナツのような輪っかにしています。縁だけを立体にしたり、縁の内側を平たく縫うところが、ボルダリング刺繍の発想を応用しているところです

 

ポコポコした立体は、見栄えとしてだけでなく触っても楽しめます。

 

そこにラスター(立体刺繍の上にスパンコールを乗せる縫い方)グリッターステッチ、立体加工なしのスパンコール刺繍を混ぜることで、面白みをプラスしています。

 

 

 

 

 

②波紋・石【アップリケ】

(波紋・石拡大画像)

 

こちらはサテン生地アップリケ。上からランニングステッチで環状に縫うことで波紋の感じを出しています。


写真に取り上げていませんが、チュール生地のものもあります。少し透け感が出ます。

 

このようにアップリケ生地の素材を工夫することで雰囲気が変わります。さらにアップリケの上に刺繍をしたり、逆にチュールの場合はあらかじめ刺繍を下に入れておくことによって見え方に深みが出ます。

 

 

※注② アップリケ使いの応用版アップリケ」+「ジャガード」+「透明スパンコールという使い方をしたタイル刺繍は、本記事最後の参照をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

③マツバガイ【NEW? フリンジ変形版】

(マツバガイ拡大画像)

 

今回初めて縫った縫い方3つのうちの1つ目です。


これは縫い幅を広くとり、楕円上の点と点を結ぶように縫っています。それを何色かの糸で、ランダムに交差するように縫うと、上の画像のようになるのです。


遠くから見ると、少しだけモザイクがかかったように見えます。

 


 

 

 

 

 

④二枚貝【NEW? ぼかしステッチ】

 


今回初めて縫った縫い方3つのうちの2つ目です。


この発想源は、色のにじみを活かした幻想的な刺繍表現にあります。

 

※③発想源となった試作品の写真は本記事最後の参照に添付しています

 

 

(二枚貝拡大画像)

 

 

ぼかした感じを出すために、チュールのアップリケフォトステッチをアレンジしたものを組み合わせています。

 

フォトステッチは、専用ソフトを使って写真を刺繍データに置き換え、刺繍で表現する方法です。色数と針数を十分に使うことによって細かく複雑な色の変化を表現するのに向いています。


しかし、専用ソフトで自動変換しただけでは忠実に変換しすぎてしまい、針数が多く硬くてのっぺりとした仕上がりになってしまいます。この作品で表現したかったのは、あくまで「ぼんやりとした」「軽い」「柔らかい」印象のグラデーションです。

 

 

そこで、データをそのまま使うのではなく、針数を大幅に削りました。

さらに、チュールのアップリケ使い、刺繍の上にチュール、その上からまた刺繍をしています。そうすることで「ぼんやりした」「軽い」色の変化が可能になりました。また、チュールの色が薄く入るので生地を塗りつぶすように縫う必要も無くなり、コストを減らすことができるのです。

 

 


幻想的ミステリアス、少し不安定な感じもする縫い方です。

 

 

 

 

 

⑤泡・クラゲ【NEW? レース刺繍】

(泡・クラゲ拡大画像)

 

今回初めて縫った縫い方3つのうちの3つ目です。


透け感を出す刺繍として試みました。

縫い付ける元の生地に穴をあけ、そこを縁取るように環状に刺繍が走っています。

そして生地のない部分を編むように縫うことによって、レースになるのです。



レースの透明感、糸の繊細さが、夏らしさを醸し出します。

 

※生地に穴を開けない縫い方も可能です。

 

 

⑥砂・泡【ジャガード】

 

(ジャガード拡大画像)

 

砂つぶや泡を連想させるシンプルなピンク色のランニングステッチ。また、大きいモチーフの周りを走る茶色のチェーンステッチ

 

 

これまでご紹介してきた大小様々なモチーフの間を繋いでいます。繊細なイメージを持たせます。

 

 

 

◎まとめ


①新しい刺繍を使って新しいエスニック風加工ができる

2020ssトレンドのエスニックを、二次加工(刺繍)の面から表現することができます。これまでのタナベ刺繍が研究してきた豊富な刺繍テクニックが盛り込まれ、新しい見え方になります。

 

②データ配置・改良が柔軟

襟ぐりなど、ご希望の刺繍範囲に合わせてデータの組み直しが可能です。また、用いる刺繍テクニックや、刺繍の形なども改良できます。

 

 

 

 

◎参照

ボルダリング刺繍

(ボルダリング刺繍)

 

ボルダリング刺繍はその名の通り、スポーツのボルダリングの石(ホールド)をイメージして刺繍したものです。ホールド特有の立体感デコボコ感カラフルさなどを、立体刺繍をメインに用いて表現しています。

 


タイル刺繍

 

(タイル刺繍)

 

 アップリケ使いの応用版で、アップリケ、ジャガード透明スパンコールを使っています。光沢感あるサテン生地にタイル模様の刺繍をして、仕上げに透明のスパンコールを並べています。そうすることによって、硬いタイルが柔らかい衣服に組み合わさっているかのような、異質感ギャップ意外性を楽しめる刺繍です。

 

 

ただし、これには刺繍の裏面がゴワゴワしやすいという弱点があります。

バックや帽子といった小物・雑貨で使いやすい刺繍と言えるでしょう。

 

 

 


 

色のにじみを活かした幻想的な刺繍表現 試作品

 


フォトステッチを改良して、水彩絵の具で描いたようなぼかし感、幻想的なにじみを表現しようとしていました。写真は、「ゆめかわいい」世界観で落とし込みをした試作品です。フォトステッチ+チュールという着眼はここから生まれました。

 

 

 

 

 

 

他に刺繍サンプルをご覧になりたい方は、随時更新中のデザインギャラリーを、基本的な刺繍テクニックや新作刺繍をご覧になりたい方は刺繍研究室をご覧ください。

 

※デザインギャラリー閲覧に必要なパスワードをまだご存知でない方は、お問い合わせフォームにてご連絡ください。

 

 

 

この度も最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

記事の読みやすさの向上のために、後日文章の構成や内容を変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

また次回、お会いしましょう。

 

▶ ジャパンクリエーション
▶ 資材と設備
▼ 刺繍テクニックの紹介
▶ 最新おもしろ加工
アパレル関連の装飾・二次加工に関する問い合わせ・ご相談は、お電話またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
アパレル関連の装飾・二次加工に関する問い合わせ・ご相談は、お電話またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
0879-25-5108 受付時間9:30~18:00(平日)
お問い合わせフォームはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ戻る