タナベ刺繍

0879-25-5108

上記電話番号をタップすると発信します。

受付時間 9:30~18:00

閉じる

HOME > 刺繍研究室 > すべて見せます!最新の刺繍オパール2020秋冬

すべて見せます!最新の刺繍オパール2020秋冬

 

ツイード02.jpeg

 

皆さま、こんにちは。

突然ですが、この写真をよく見てください。

 

 

ツイードの生地を四角く切ってランダムに並べたような感じがしますね。

 

 

実はこれ、刺繍なんですよ〜((((;゚Д゚)))))))

 

 

 

立体刺繍を使って生地を再現するというミステリアスな加工、エンブロイダリー・オパール加工(刺繍オパール加工)。表現したい生地の織り目を細かく観察し、糸の流れや凹凸感、質感を刺繍に置き換えて表現しています(技法の詳しい解説はこちら)。

 

 

そんなエンブロイダリー・オパール加工の2020秋冬最新情報をお伝えしたいと思います。

 

 

=目次=

 

1.ニット

⑴ケーブルニット

⑵編み込みニット

2.ファンシーツイード

3.透かし編み

4.おわりに

 

 

 

1.ニット

ケーブルニット01.jpegのサムネール画像

 

まずはじめにご紹介するのはニットです。

デザインとしてのニットを、他の生地の上で楽しむことができます。

 

 

⑴ケーブルニット

アラン模様のケーブルニットを再現。

 

ケーブルニット08.jpeg

 


 

ケーブルニット07.jpegのサムネール画像

 

 

 

ケーブルニット06.jpeg

 

 

↑これらの刺繍は、色を2色使っています。

立体部分とそうでない部分の色を変えて明暗を引き立たせています。

 

 

ケーブルニット04.jpegのサムネール画像

 

↑こちらのケーブルも、つなっぽさ、ロープ感、ねじねじ感が出ています。

糸の流れを細かく表現することでよりリアルなケーブルらしさが出ています。

 

 

ケーブルニット03.jpegのサムネール画像

 

バイカラーにしたり、境界で生地の色を変えることで、さらに印象が変わります。

 

 

⑵編み込みニット

編み込みニットの編み目を立体刺繍に置き換えました。

ニット01.jpegのサムネール画像

 

↑多色使いでノルディック柄を表現すると、模様部分が浮き出た感じの見栄えに。

 

 

ニット02.jpegのサムネール画像

↑毛糸の立体刺繍によってふっくらとしたニットらしい編み地に見えます。

 

 

ケーブルニット05.jpegのサムネール画像

↑コラージュ風の刺繍。

チュール生地とレース生地のアップリケ、スパンコール、グリッターステッチとニット刺繍。

それぞれの素材の違いが楽しめる上品でおしゃれな刺繍です。

 

 

ニット05.jpegのサムネール画像


↑輝きがプラスされたノルディック柄。

グリッターステッチや、ラスター刺繍を組み合わせています。

 

 

メリヤス02.jpegのサムネール画像

↑ノルディック柄の刺繍そのものにスパンコールを敷き詰めるとこんな感じに。

高級感が増すようです。

 

 

メリヤス03.jpegのサムネール画像

 

↑こちらも輝きがプラスされたケーブル柄。

グリッターステッチとの掛け合いは、きらびやかさをプラスします。

 

 

 

2.ファンシーツイード

 

次にご紹介するのは、ファンシーツイードです。

 

さて、ファッションにおいて2020AW(秋冬)のトレンドの一つに、パッと目を引くようなファンシーツイードがありますね。

 

 

コートやベスト、パンツやスカートなど幅広いアイテムでよく使われる素材ですが、鮮やかな色ですと、なかなか身につけづらいエンドユーザーもいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

そんなお悩みには、鮮やかなツイードの見せ方の提案として、刺繍でワンポイント・差し色として見せる方法がオススメです。

 

ツイード01.jpegのサムネール画像

↑ファンシーツイードを四角くカットして、ランダムに並べたように見える、刺繍

 

 

ツイード03.jpegのサムネール画像

 

↑こちらの刺繍も作り方は上のファンシーツイードとよく似ています。

糸そのものの質感をよく見せた仕上がりになっています。


 

ツイード05.jpegのサムネール画像

↑お花を表現するとこんな感じに。刺繍ですと細かいデザインを表現しやすいのがメリット。

ちなみにイエローのお花は編み込みニットの刺繍と同じ縫い方です。


 

ミックス04.jpg


↑迷彩柄風に落とし込むとこんな感じに。

スパンコールや他の刺繍・立体刺繍と併用できるのが味噌。

 

 

 

3.透かし編み

 

チューリップ07.jpgのサムネール画像

 

そして最後にご紹介する刺繍は、刺繍の下にある生地が透けて見える透かし編みです。

 

透ける・シアー感を出すといえば、チュールやシフォンといった半透明の素材を使うテクニックを数多くご紹介してきました。しかしここでご紹介するのは、「秋冬らしくもこもこふわふわしているのに、透けて見える!」という不思議な刺繍です。

 

透かし編み刺繍は現在4通りあります。

 

 

 

新網目1.jpegのサムネール画像

 

↑①粗めにザクザクと縫い、ふわふわした感じと透け感がある刺繍です。

 

 

新網目2.jpegのサムネール画像

 

↑②太く短いタッチを幾重にも交差して表現している立体刺繍。

 


新網目4.jpegのサムネール画像

 

↑③メリヤス編みに近い、縦ラインがはっきりとしている刺繍。

 

 


新網目5.jpegのサムネール画像

 

↑④立体のクロスステッチの下から5mmスパンコールが輝いて見えています。

 

 

 

こちらの刺繍は展示会場にてご覧いただけます。(展示会情報はこちら

ぜひ、ご来場くださいませ。

 

 

 

 

 

4.おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

最新のエンブロイダリー・オパール加工のラインナップをご紹介して参りました。

 

 

エンブロイダリー・オパール加工とは、アップリケとは違った異素材の見せ方・楽しみ方ができる刺繍です。

 

 

細かいデザインへの落とし込みにぴったりなので、ぜひ表現ツールの一つに加えてみてください。

 

 

 

※今回ご紹介した以外の刺繍オパールをご覧になりたい方はこちらのデザインギャラリー(刺繍オパール加工)をご覧ください。(閲覧に必要なパスワードをお持ちでない方は、お手数をおかけいたしますがお問い合わせくださいませ。)

 

 

 

 

最後までお読みいただき誠にありがとうございました^^

 

▼ 刺繍テクニックの紹介
▶ 資材と設備
▶ 展示会
▶ 最新おもしろ加工
アパレル関連の装飾・二次加工に関する問い合わせ・ご相談は、お電話またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
アパレル関連の装飾・二次加工に関する問い合わせ・ご相談は、お電話またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
0879-25-5108 受付時間9:30~18:00(平日)
お問い合わせフォームはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ戻る