タナベ刺繍

0879-25-5108

上記電話番号をタップすると発信します。

受付時間 9:30~18:00

閉じる

HOME > BLOG > 《タナベ刺繍通信Vol.8 2018/4/28》

《タナベ刺繍通信Vol.8 2018/4/28》

 

 

いつもありがとうございます。

タナベ刺繍通信担当の浜田です。

 

とうとう大型連休に突入しましたね。

皆さまもどこかに遊びに行かれたりしますか?

もうすでに行かれているとか?

まさか・・・すべてお仕事される方も居たりするのでしょうか?

 

 

私は、香川県のお隣の愛媛県松山市に行く予定です。

 

 

松山は夏目漱石の「坊っちゃん」や「道後温泉」で有名なところですが、そこでの目的は四国88カ所霊場を巡る「お遍路」です。

去年の10月から始めて、徳島から高知、愛媛と四国を時計回りに回ってきて約半分の43番目まで到達しました。

 

 

 

四国をほぼ一周する「お遍路」の全行程距離は約1,200kmもあるそうです。

「歩き遍路」だと約40~50日かかるそうですが、私はそんなにまとめて休みが取れないので、土日休みを利用してマイカー巡礼を行っています。

では休みをやるから「歩き遍路」をやるかと言われると、車で半分まで回ってみての答えは「No!!!」です。

 

 

 

お遍路の楽しみは、建築物や仏像、庭園など各寺院ならではの見どころがありますが、春のお遍路と言えば「花」です。

 

 

この時期は春から初夏にかけて開花するシャクナゲ、ツツジ、フジ、アヤメなどの花々が参道や山門前に咲き誇り、お遍路たちを出迎えてくれます。

普段あまり花や木に興味がない人でもこの非日常的な風景の入り口に立つと、それまでの道のりの疲れも忘れてとても穏やか気持ちなれます。

 

 

 

連休中は各寺院の春祭りや花祭りなどのイベントも重なるので、たくさんの人が訪れると思います。

 

松山でのお遍路の後は、ゆっくり温泉に入ったり食事を楽しんだりして夫婦でのんびりできたらいいなと思っています。

 

 

 

余裕があれば行ってみたいのは、昨日(26日)から始まった瀬戸内国際芸術祭2019です。

アメリカ・ニューヨークタイムズの「2019年に行くべき52か所」に「瀬戸内の島々」が紹介されたそうなので、国内外からたくさんの人が訪れると予想されています。

 

 

 

私も数年前にこの美しい瀬戸内の島々を巡りましたが、ある島の港近くの道路を歩いている時に、道の脇の水路をふと覗き込むと一匹のウナギが泳いでいました。

水面まで2mくらいの高さの水路でしたが、そこからでもウナギの姿がはっきりわかる水の透明度にとても感動したことを覚えています。

 

 

 

当時その島は、産廃の不法投棄による問題で「ゴミの島」というイメージがありましたが、実際行ってみるとそんなイメージはどこにもありませんでした。

島を守ろうとする島民とそれを応援する人たちの努力と願いが、その1匹のウナギに映し出されていたように思います。

 

 

 

今期は春、夏、秋と3シーズンに渡り開催されます。アート、自然、文化、食、人・・・楽しめそうなことがたくさんあるのでこちらも楽しみです。

 

 

 

弊社は4月28日から5月6日までの9連休です。

こんなに長い休みは、10年前に食べ過ぎによる腹痛で2週間入院して以来なので、夏休み前のようにワクワクしています。

浮かれ過ぎて食べ過ぎないように気を付けたいと思います。

 

 

 

皆さまの休日が良い休日でありますように。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2020年春夏おとな向け刺繍 ~バタフライ・エンブロイダリー~

 

 

春夏の服によく使われる素材には、レーヨンやシフォン、麻やコットンなどがありますよね。

肌触りが良いものや透け感があるもの、軽さや通気性、吸湿性に優れたものなどが挙げられます。

 

 

PTJ2020ssへの出展に向けて、タナベ刺繍ではその中でも透け感=シアー感に注目しました。

 

 

 

軽い、柔らかい、透け感…といえば…羽?

 

 

 

刺繍で羽?…蝶?

 

 

 

タナベ刺繍ではこれまでに何度か、蝶をモチーフにした刺繍をしたことがあります。

ところが、素材や刺繍の仕方を含めて本物の蝶らしい刺繍には挑戦したことがありませんでした。

 

本物の蝶らしい華やかさと軽やかさを、刺繍でどこまで表現することができるか…。

そこで注目したのがアップリケです。

従来とは違った縫い付け方にすることで、今回の刺繍が生まれました。

まずはその全体像をごらんください・・・

 

 

続きはWEBサイトをご覧ください。

https://www.e-tanabe.net/blog/index.php?e=306

 

 

 

それでは、ここまでお付き合いいただきましてありがとうございました。次の配信は連休明けになる予定です。お楽しみに!

 

 

アパレル関連の装飾・二次加工に関する問い合わせ・ご相談は、お電話またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
アパレル関連の装飾・二次加工に関する問い合わせ・ご相談は、お電話またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
0879-25-5108 受付時間9:30~18:00(平日)
お問い合わせフォームはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ戻る