HOME > 刺繍研究室 > 組紐刺繍 -KUMIHIMO Embroidery-

組紐刺繍 -KUMIHIMO Embroidery-

組紐(くみひも)?それとも??

 

 

 

2017jc10.jpg

 

 

唐突ですがこの画像、何だと思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017jc11.jpg

 

 

・・・・ん?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017jc12.jpg

 

 

んん?? 分かりますか?

 

 

 

 

実は、ハトメで穴開けした後に、組紐を通しただけの加工・・・ではないのです。

なんと、組紐の部分も、ハトメの金具部分も、全てが刺繍で表現されているんですね~!

 

 

というわけで、誰もが驚く新しい刺繍「組紐刺繍(くみひもししゅう)」をご紹介します。

 

 

 

 

 

【組紐刺繍とは】

ある企画会議で出された資料から、ハトメに組紐(くみひも)を通したものをいくつも配置することで幾何柄的にデザインされたトップスの写真が目に留まり、一つの無茶なアイデアが出ました。

 

「これを全部刺繍で作れば、デザイン、紐の色や太さ、質感も自由に表現できるよね。」

 

刺繍は様々なデザイン、花や模様、ロゴやキャラクターを表現できますが、立体物を造形するのは少々難解です。が、そこは不可能を可能にするタナベ刺繍!

 

得意とする立体刺繍の技術を応用することで、本物の組紐ソックリの高級感とバリエーションを実現する「組紐刺繍(くみひもししゅう)」を新しく開発しました。(※従来のコード刺繍ではありません)

 

 

この新しい刺繍テクニック「組紐刺繍」は、ジャパンクリエーション2017AW弊社ブースにて初披露致します!


 

2017jc13.jpg

(単色の紐でロゴデザインを表現)

 

2017jc14.jpg

(目が痛くなる配色の組紐を表現)

 

2017jc15.jpg

(ラメ糸を取り入れて高級感を演出)

 

 

【組紐刺繍の特徴】

組紐の構造を研究し、実物と同じ糸の並びで再現した「組紐刺繍」は、作った本人が本物の組紐と見間違うほど精巧です。実際の組紐同様に単色でも多色でも表現可能で、縫い方を工夫すれば他の様々な織り方を再現することもできます。

 

もちろん、刺繍だから素材やデザインの自由度はそのままに、立体刺繍ならではの柔らかな仕上がりで肌触りも良く、カットソーなどに直接加工しても問題ありません。

 

 

是非、今後の展開をご期待ください!

 

 

 

JAPAN CREATION 2017 (東京国際フォーラム 2016年11月29日・30日開催)に於いて

組紐刺繍を駆使した作品を多数展示しております。

 

 

 

 

※用語解説

 

【組紐とは】

「くみひも」とは、日本の伝統工芸で作られる、細い糸を組み合わせて編むように織り上げる紐で、断面が四角い「角打ち紐」、平たいリボン状の「平打ち紐」、断面が丸い「丸打ち紐」の三種類の別れます。

 

今年大ヒットしたアニメ映画「君の名は」で組紐が物語のカギになったことで、密かに組紐は急上昇のキーワードになりました。また、外国では「KUMIHIMO」と和製英語ができるほど人気があります。

 

【ハトメとは】

布や板などの薄く平たい物に紐を通すための管です。金属やプラスティックでできており、布に穴を開け挟み込みように挿入することで、紐を通した場合の補強にもなります。正式名称をグロメット、小さなグロメットはアイレットと呼ばれます。

▶ 資材と設備
▶ 刺繍テクニックの紹介
▼ 最新おもしろ加工
アパレル関連の装飾・二次加工に関する問い合わせ・ご相談は、お電話またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
0879-25-5108 受付時間9:30~18:00(平日)
お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ戻る