HOME > 二次加工情報 > グリッターステッチ加工

グリッターステッチ加工

もっと新しい見え方の刺繍加工を生み出したい、驚くような刺繍を作りたいという思いで日々取り組み、その思いが形になった時が私たちが最もやりがいを感じる瞬間です。

 

そんな思いから生まれた新しい刺しゅう加工「グリッターステッチ」をご紹介します。

 

 

2017jc01.jpg

 

【グリッターステッチとは】

これまで生地に対して水平だったスパンコールを、タナベ刺繍が得意とする立体刺繍と組み合わせたことで、スパンコールを縦方向にも変化させることができるようになった新しい刺繍テクニックが「グリッターステッチ」です。

 

グリッターは、gritter(グリッター)、grit(グリット)という語源から、輝きのある小さな結晶や砂を意味します。

 

プリント加工ではグリッタープリントと言われるベーシックな加工方法があり、小さな光沢のある粒(グリッター)をプリント糊で接着することで実現します。このグリッターをスパンコールに、プリント糊を糸に置き換える発想で「グリッターステッチ」は生まれました。

 

過去の二次加工よりも更に立体的で自由に、動きのある表情豊かなデザインを表現できるグリッターステッチは、ジャパンクリエーション2017AW弊社ブースにてご覧いただけます。

 

 

2017jc05.jpg

 

【グリッターステッチの特徴】

タナベ刺繍の立体刺繍は、サガラ刺繍の特徴であるループステッチに近い表現もできる手法ですが、このグリッターステッチは相良刺繍のアーチ状になった糸にスパンコールを通す構造になっており、一見するとサガラ刺繍にスパンコールを刺したようにも見えます。

 

主に、グリッターステッチは以下の3つを調整・変化させることで、様々な表現を生み出します。

 

1.ループステッチの高さ

2.スパンコールの量と大きさ

3.ステッチ、スパンコールそれぞれの色

 

 

■グラデーション表現

2017jc06.jpg

(3mmスパンコール色:ブラック/ステッチ:グレー)

 

■見る角度によって見え方が変わる

2017jc09.jpg

 

2017jc08.jpg

(3mmスパンコール色:ゴールド/ステッチ:グリーン)

 

 

サガラ刺繍にスパンコールが埋まっているような見え方

2017jc02.jpg

(3mmスパンコール色:シルバー/ステッチ:ホワイト)

 

 

■グリッターステッチ独特の色表現

2017jc07.jpg

(3mmスパンコール:パープル/ステッチ:イエロー)

 

 

■影ができるほどの高さを持たせることが可能

2017jc04.jpg

3mmスパンコール:マットゴールド/ステッチ:オレンジ)

 

 

 

もちろん、このグリッターステッチは、他の様々な刺繍加工と組み合わせることができるので、これからどんな新しいデザインや表現が生まれるのかワクワクしています!

 

是非、ご期待ください!

 

JAPAN CREATION 2017 (東京国際フォーラム 2016年11月29日・30日開催)に於いて

グリッターステッチを駆使した作品を多数展示しております。

 

 

 

 

※シークインとは業界用語でスパンコールを意味します。

アパレル関連の装飾・二次加工に関する問い合わせ・ご相談は、お電話またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
0879-25-5108 受付時間9:30~18:00(平日)
お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ戻る